バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 盗難・悪戯対策は大丈夫? > バイク盗難と悪戯について

盗難・悪戯対策は大丈夫?

バイク盗難と悪戯について




ある日、出勤のためにマンションを出ていったはずの旦那が、数分後、再び部屋へ戻って来て言いました。

「悲しいお知らせがあるんだけど…」

差し出した旦那の片手には、私の愛車、シェルパのミラーが…。

一緒に暮らし始めて間もなく、旦那のCRMが壊れてしまったので、その当時、旦那は私のシェルパで通勤していました。

いつものように外へ出て、シェルパを駐車している場所へ行ってみると、シェルパが横倒しになっており、起こしてみると、下になっていた方のミラーがポッキリ折れていたそうです。


バイクを停めていた場所からして、うっかり人がぶつかって倒れたということは考えられません(歩道からは少し外れた場所だったので)。

ちょっと風が吹いたくらいで倒れるなどということも、あり得ません(もちろん、台風なんて来ていませんでしたし、地震もありません)。

明らかに、何者かが故意に、押し倒したとしか思えないのです。


もっと、酷い目に遭っているバイク乗りの方は、いくらでもいると思います。
私の受けた被害なんて、些細なことだと思われるかもしれません。

だけど、それまで、バイクの盗難やイタズラを他人事としか考えていなかった私にとっては、ものすごくショックな出来事だったのです。


私に対する悪意があってのことなら、まだいいんです。
ところが、そうではなく、

そこにバイクがある。
ちょっと倒してやれ。

そんな軽い気持ちでイタズラをする人がいる。
その事実が、恐ろしいのです。


確かに、ボロボロのバイクだったかもしれません。
だけど、大切な愛車です。

悲しいし、腹も立ちました。

だけど……


悪かったのは私だったのだということに、冷静になって、気が付きました。


こんなボロバイク、誰も欲しがらないし、盗まれない。

そうタカをくくっていた通り、確かに盗まれはしませんでした。


だけど、どんなバイクでも、イタズラという被害に遭うことはある。

こんな当たり前のことに、なぜ気が付かなかったのでしょうか。


本当にそのバイクが大切なら、自分で対策を考え、守ってあげなければならなかったのに……。


私の旦那も、購入して間もないバイクを盗まれたことがあるそうです。

つい最近も、バイク仲間のひとりがパーツを盗まれたと嘆いていました。


バイクの盗難やイタズラの被害に遭う危険性は、あなたが(そして以前の私が)思っている以上に、あちこちに転がっているものなのです。


セキュリティはバイク保険のように、どうしても必要というものではありません。

それでもやはり、もしもの場合を考えると、最低限の対策は施しておいた方がいいでしょう。


次のページでは、バイクが盗難や悪戯に遭わないためのセキュリティ対策について、私なりに考えをまとめてみました。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: