バイクの免許を取得しよう!もっとカッコ良く乗りこなそう!初心者、女性ライダー必見です。

バイク初心者のためのライダー1年生講座 > 何はなくともバイク保険! > 任意保険の補償内容は?

何はなくともバイク保険!

任意保険の補償内容は?




では、任意保険はどんな場合に、どんな損害を補償してくれるのでしょうか?

前ページでお話ししたように、交通事故による損害を自賠責保険でカバーしきれなかった場合、その部分を各自が加入している任意保険で、補うことになります。

だから、自分が困らないため、相手に迷惑をかけないためにも、任意保険は必要です。

大事な所なので、もう一度言いますね。

「任意保険は、絶対に必要ですっ!!!」


だから、バイクを買ったら真っ先に、任意保険加入の手続きをして下さい。

任意保険に入るまではバイクに乗らない!
くらいの、強い気持ちが必要です(というか、それが当たり前ですね)。


では、任意保険の保障内容について説明していきますね。


対人賠償保険
交通事故で他人を死傷させた場合に、治療費、休業損害、慰謝料等の補償をしてくれる保険です。
保険の金額は無制限にするのが一般的ですし、そうするのが無難でしょう。

対物賠償保険
交通事故で他人の車両や物に損害を与えてしまった場合に、補償してくれる保険です。
保険金額は2千万円程度にしている人が多いようですが、万全を期すという意味で無制限にしておくと、より安心です。
無制限にしても、保険料は年間数千円ほどしか違いません。

他車運転危険担保特約
他人のバイクで事故を起こしてしまった場合に、自分のバイクの任意保険から補償を受けることのできる特約です。
借りていたバイクが任意保険未加入だった場合でも、自分の加入している任意保険から補償を受けられるので、便利と言えば便利ですよね。

搭乗者傷害保険
バイクに乗車中の運転者、そして同乗者が事故によって死傷した場合に保険金が支払われます。
ただし保険金は定額なので、事故によって発生した損害金すべてをフォローできるとは限りません。
お見舞金程度に考えた方がよいでしょう。

人身障害保障保険
搭乗者傷害保険と同じく、事故で死傷した運転者、同乗者に対して支払われる保険です。
治療費や損害金、慰謝料など、過失の割合に関わらず一切をフォローしてくれる点が、定額補償の搭乗者傷害保険とは違う所です。

無保険車傷害保険
事故の相手方が任意保険に加入しておらず、自分が被害者であるにも関わらず賠償を受けることのできない場合に、自分の加入している任意保険から補償を受けることができます。
私は、家族が車にはねられて脳に障害が残ったにも関わらず、相手が任意保険無加入だったために補償を受けることができなかったという例を実際に知っているため、結構バカにできません。

自損事故保険
相手のいない自損事故によって、運転者自らが死傷した場合に支払われる保険です。
相手のいる事故であっても、100対0で相手に過失がない場合など、この保険から保障を受けることができます。
バイクの場合、ちょっと運転に慣れてきた頃に単独事故を起こすことが多いので、不安な人は入っておくと安心かもしれません。


「事故らなきゃいいじゃん」

任意保険に入っていない人は、口を揃えてこう言います。

よほど運転に自信があるのか、運に自信があるのか、自分だけは事故になんて遭わないし、任意保険は必要ないと思い込んでいるのでしょう。


だけど、自分は事故を起こさないつもりでも、相手から追突してくることは、防ぎようがありません。

向こうが急に飛び出して来たのだとしても、相手が歩行者であれば、バイクに乗っていたあなたが損害を補償しなければなりません。

また、あなたのように「自分は大丈夫」と思って任意保険に入っていなかった人が、いきなり追突してくるということもあるかもしれません。


そんな「もしも」対策に、バイクの任意保険が必要なのです。
まだ加入していない人は、すぐに手続きをしましょう。

人気記事はコレ!

任意保険料はいくら必要か

では具体的に、バイクの任意保険料って、いくらくらいかかるものなの? バイクという高額な買い物をした直後のあなたは、きっと心配されていることと思いますが、自賠責保険と任意保険はバイクに乗る上での必要経費...

スムーズなシフトアップとは

発進と同時にこんなエンジン音を響かせて走り去って行くバイク、見たことありませんか? ヴォーン、ヴォヴォーン、ヴォヴォーン…… シフトアップの際、クラッチを切ると同時にアクセルを2回煽ると、こういう音に...

ルールを守ったすり抜けを

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を最重視するのであれば、むしろしない方がよいでしょう。 私自身は、時と場合によっては、すり抜けもします。 正確には「していました」でしょうか。...


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: